ダイエットティー

ネコヒゲ草のお茶について(その2)

ネコヒゲ草のお茶には、新陳代謝を促すモロヘイヤやハトムギ、肝機能をよくするウコン、肝炎や胆石、むくみ解消の漢方薬としても使われているリュウキュウカワラヨモギなど、合計10数種類の薬用植物が配合されています。
これらの薬相乗効果で、尿や便の出がよくなり、老廃物が体内に滞らず、新陳がスムーズに行われるようになるのです。
体重がへるのは、こうした作用によって起こる結果の一つなのです。

体内に老廃物や有害物質をためないようにすることは、健康を維持するうえでとてもたいせつです。
体内の老廃物や有害物質の排出は、主に便と尿を通して行われます。

尿からは、体内にたまりすぎると悪影響を及ぼす水溶性のビタミン・ミネラルや有害重金属、たんぱく質を代謝(利用と排せつ)する際に出る尿酸やアンモニアなどの老廃物、食品添加物などの有害物質が、水分といっしょに排出されます。
一方、便からも、食品添加物などの有害物質や、消化の過程で生じた老廃物などが排出されます。

したがって、尿の出が悪くてむくんでいる人や便秘に悩まされている人は、注意が必要です。
むくみは、体内の水分がうまく排出されていない証拠ですし、便秘が続くと便の腐敗が進んで、毒素が多く発生してしまいます。
しかも、排せつされない有害物質や毒素が血流に乗って体内を巡り、疲労感や肌荒れ・肩こり・肥満など、さまざまな不調を招くことになります。

Return Top