健康全般

ドクダミは幅広い薬効を持つうえ乳幼児にも使用できる

ドクダミは、1500年以上の歴史を持つ薬草です。
中国の古い薬学書である『名医別録』(陶弘景・502年)には、「解毒に効果があり、小便を通じさせる」という、ドクダミについての記述があります。

また、江戸時代に刊行された『大和本草』(貝原益軒・1709年)に、「多くの薬効があるので十薬と呼ぶ」と善かれています。
じんましんやあせも、蓄膿症から、婦人病・勝脱炎まで、数多くの病気にドタグミは効果を発揮するのです。
私たち徳島大学薬学部が、約30年にわたつて行った民問薬調査の結果を見ると、最もよく使われている薬草がドタグミでした。
幅広い効果とともに、安全であることが、ドタグミの特長です。
乳幼児、妊婦から老人まで、安心して長期間にわたり、ドクダミは使用できます。

 

Return Top