酵素食品・酵素ドリンク

穀類、野菜、果物中心の食生活1

これまでのダイエットの考え方は「食べる量をへらして体重を落とす」というものでした。
ですが、ダイエットの最中に体重計に乗り、1㎏の増減で一喜一憂するのは意昧のないことです。
なぜなら、肥満とは体重ではなく、体脂肪率(体に占める脂肪の割合)で判定されるからです。

体脂肪率の正常値は年齢や性別によって異なりますが、成人(30歳以上)の男性で10~14%、女性で18~24%とされています。
この値が男性で20%、女性で30%を超えると肥満と判定されます。
最近は、体脂肪率を簡単に測れる体脂肪計も入手しやすくなっているようですので、肥満のチェックはぜひ体脂肪計で行ってほしいものです。

ダイエットの基本は、体重ではなく、体に蓄積されている脂肪をへらすことです。
体脂肪をへらすためには、体脂肪をエネルギーとして消費し、燃やす必要があります。
こうしたエネルギーの消費をエネルギー代謝といいます。

1日のエネルギー代謝の内訳をみると、

①内臓器官の働きなど、生命活動を維持するために必要な代謝である基礎代謝が65~75%を占めています。

そして、

②運動による代謝が15~25%。

③食後に起こる代謝増加が5~20%

となっています。

この3つの代謝、すなわち、①基礎代謝、②運動代謝、③食後代謝を上げることが、体脂肪をへらす鍵を握っているのです。

こうした考え方から生まれたのが穀菜果ダイエットです。
これは文字どおり、穀類、野菜、果物を主体にした食事で食後代謝を上げることを中心に、その他さまざまな方法を組み合わせて体のエネルギー代謝を上げ、体脂肪を落とします。

穀菜果ダイエットの基本は体によいものはたっぷ口食べる、体に悪いものは極力食べないということです。
穀菜果ダイエットでは、脂肪食品はほとんど取りません。
そのかわり、穀類、野菜、果物は好きなだけ食べます。
すると3ヵ月後には体脂肪が確実にへり、心も体も若々しくなります。これまでのダイエットの考え方は「食べる量をへらして体重を落とす」というものでした。
ですが、ダイエットの最中に体重計に乗り、1㎏の増減で一喜一憂するのは意昧のないことです。
なぜなら、肥満とは体重ではなく、体脂肪率(体に占める脂肪の割合)で判定されるからです。

体脂肪率の正常値は年齢や性別によって異なりますが、成人(30歳以上)の男性で10~14%、女性で18~24%とされています。
この値が男性で20%、女性で30%を超えると肥満と判定されます。
最近は、体脂肪率を簡単に測れる体脂肪計も入手しやすくなっているようですので、肥満のチェックはぜひ体脂肪計で行ってほしいものです。

ダイエットの基本は、体重ではなく、体に蓄積されている脂肪をへらすことです。
体脂肪をへらすためには、体脂肪をエネルギーとして消費し、燃やす必要があります。
こうしたエネルギーの消費をエネルギー代謝といいます。

1日のエネルギー代謝の内訳をみると、

①内臓器官の働きなど、生命活動を維持するために必要な代謝である基礎代謝が65~75%を占めています。

そして、

②運動による代謝が15~25%。

③食後に起こる代謝増加が5~20%

となっています。

この3つの代謝、すなわち、①基礎代謝、②運動代謝、③食後代謝を上げることが、体脂肪をへらす鍵を握っているのです。

こうした考え方から生まれたのが穀菜果ダイエットです。
これは文字どおり、穀類、野菜、果物を主体にした食事で食後代謝を上げることを中心に、その他さまざまな方法を組み合わせて体のエネルギー代謝を上げ、体脂肪を落とします。

穀菜果ダイエットの基本は体によいものはたっぷ口食べる、体に悪いものは極力食べないということです。
穀菜果ダイエットでは、脂肪食品はほとんど取りません。
そのかわり、穀類、野菜、果物は好きなだけ食べます。
すると3ヵ月後には体脂肪が確実にへり、心も体も若々しくなります。

Return Top