健康全般

納豆で健康的に

特徴

古墳時代には、すでにその原形となる発酵食が作られていた。
納豆は、大豆を納豆菌で発酵させたもの。
歴史上に「納豆」 の文字が初めて登場するのは、平安時代のことである。

発酵させてあるため、原料の大豆と比べると、人の体に欠かせないアミノ酸群、ビタミンB群や二コチン酸、パントテン酸などを多く含んでいる。
また、消化酵素などが豊富に含まれているので、納豆自体のタンパク質も消化吸収しやすくなっている。
また、納豆のネバネバの成分ナヨトウキナーゼには、血栓を溶かす働きがあるとして注目されている。

納豆そのものを、より健康によい食べ方をするなら、よく粘り気を出し、できるだけ熱を加えないで体にとり入れたい。

体にいい理由

納豆は、強力な抗酸化物質。
生活習慣病の原因となる過剰な活性酸素を除去し、動脈硬化などを防いでくれる。

納豆に含まれるリノール酸やレシチンには、血管壁についたコレステロールを除去して血液をサラサラにする働きがある。
納豆のタンパク質は血管の弾力を高めて、血管を丈夫にしてくれる。

近年の研究で見つかった有効成分もある。

ナットウキナーゼは、須見洋行医学博士によって発見された納豆の成分である。
納豆菌によってつくられる酵素で、腸管から吸収されて、血管の中の脳梗塞や心筋梗塞の原因にもなる血栓を溶かしてしまう。

ナットウキナーゼの働きが注目されるようになってから、海外でも、納豆の需要が増えてきたという。

他にも、脳の情報伝達物質アセチルコリンの原料・レシチンが豊富に含まれる。

脳では、神経細胞の間を情報伝達物質が行き来して、記憶や判断などの作業が行われている。
その情報伝達物質のひとつが「アセチルコリン」だ。

頭を酷使して疲れたときや、ストレス、加齢などでアセチルコリンの量が少なくなると、頭の働きが低下する。
このアセチルコリンは、大豆に含まれるレシチンが原料になっている。

1日に脳が必要とする量のレシチンは、納豆1パックで摂ることができる。
納豆は脳の働きを活発にしてくれる食品。
脳を活性化したければ、まず納豆を食べてみる価値はある。

また、畑の肉といわれる大豆を原料としている納豆は、栄養がはちきれんばかりに詰まっている。
しかも植物性なので、コレステロールの心配をすることなく、栄養を吸収できる。

最近の研究では、納豆菌は体内で、病原性大腸菌O‐157などの繁殖を抑え、体外に排出する働きがあることでも注目されている。

このように納豆は、数え切れないほどの栄養素を含んでおり、その働きも様々である。
日本古来の伝統食に、健康にいい成分がこんなに含まれているとわかった以上、食べないほうが不思議といえる。

 

Return Top