トマトと健康

リコピンの驚くべき効果とは?おすすめトマトサプリメント特集

information2

以前、新聞やTV、ネットで『トマトに脂肪燃焼の効果あり』というニュースが駆け巡り、各地でトマトが売り切れるという事態が起きました。

アメリカの科学誌電子版に『京都大学河田教授のグループがトマトに含まれる物質に中性脂肪の値を下げる働きがある事を発見』と発表。
このニュースはたちまちテレビやネットでも取り上げられた。
『13-oxo-ODA』という脂肪酸に似た物質が、肝臓で脂肪を燃焼させる役目を担うタンパク質の働きを助けるという。

もちろん脂肪燃焼だけでなく、トマトには様々な効果があります。
では、その多彩な効果を詳しく紹介しましょう。

トマト・リコピンの驚くべき効果

トマトには、ビタミンA・B・C・Eなど、豊富なビタミン類が含まれています。
ビタミンAは皮膚や粘膜を正常に保つために欠かせないビタミンで、不足すると瞳が濁ったり、夜盲症になったりします。

ビタミンB群は、体内でエネルギーを産生するのに不可欠な成分。
トマトには、糖質をエネルギーに変えるのに必要なビタミンB1、脂質の代謝(代謝とは利用と排せつ)を促進するB2、たんぱく質の代謝に必要なB6などが含まれています。

ビタミンEには、ガンや動脈硬化などの生活習慣病や、老化の元凶物質である活性酸素から細胞膜を守り、毛細血管の血行をよくする働きもあります。

ビタミンCはご存じのとおり、美肌に役立つ成分。
皮膚を構成するコラーゲンの合成を促して、肌に張りをもたせたり、シミの元であるメラニン色素の生成をおさえたりする働きがあります。

このほかトマトには、ビタミンCの吸収を助け、毛細血管を強化するビタミンP、肌荒れや皮膚炎を防ぐビタミンH(ビオチン)も含まれています。
まさに、美肌ビタミンの宝庫といえる野菜です。

また、トマトには、カリウム・マグネシウム・亜鉛・鉄などのミネラルもバランスよく含まれています。
これらは、体の機能の維持や調整に欠かせない微量栄養素です。

そして、トマトならではの成分がリコピンです。
リコピンは、カロテノイド(動植物に含まれる赤や黄色、オレンジ色の色素)の一つで、トマトの赤い色の元になっている色素成分です。
近年の研究で、リコピンにはさまざまな健康作用があることが明らかになってきました。

リコピンは、非常に強力な抗酸化物質で、その抗酸化作用(活性酸素を消去する働き)は、ビタミンEの100倍以上、同じカロテノイドの仲間であるβカロテンの2倍以上もあります。

リコピンの抗酸化作用には、肝臓ガンや大腸ガン、膀胱ガンなどに対する予防効果があることが、確認されています。
また、悪玉コレステロールの酸化を防ぐことから、動脈硬化の予防にも有効であることがわかっています。

さらにリコピンは、美白や肥満防止にも有望なのです。
試験管内の実験では、メラニンができるときに必要な酵素(化学反応を促進する物質)の働きをおさえる作用や、脂肪を蓄積する脂肪細胞がふえるのを抑制する作用などが、確認されています。

このように、トマトは健康と美肌に大いに役立つうえ、満腹感を得られる割に低カロリーでしかも太りにくい体質になるなど、女性には、もってこいの食材なのです。

毎日、生トマト2~3個はムリ?

複数の研究機関の報告をまとめると、1日あたり10~30mgの摂取がいいようですが、これは生トマトなら2~3個分です。
毎日となるとちょっと難しいですよね。

そこで現実的なのがサプリメントとトマトジュース。

今注目のトマトサプリメントBEST3

リコピン美活習慣

トマト研究の老舗のカゴメから発売されているリコピン美活習慣は「リコピン」と「コラーゲン」のダブルの力でカラダの内側から美しくする美容サプリメントです。
本当に効果の高いリコピンサプリをお探しの方はこちらをオススメします。

夜スリム トマ美ちゃん

話題の「トマトダイエット」の代表的サプリメント。
累計300万個の販売実績。
新しく生まれ変わったトマ美ちゃんはリコピンと酵素がお互いの力を引き出し合う絶妙のコンビネーションで、ダイエットの悩みにしっかりアプローチします。

充実トマト

カロテンやリコピンや、新しい成分「13-oxo-ODA」を無添加、無香料トマトから抽出し、
1日400mgも贅沢にとれるお得でお手軽なサプリメント。

トマトジュースのおすすめレシピ

トマトジュースをおいしく飲むためのおすすめレシピをまとめました。
よかったら参考にしてください。

トマトジュースレシピはこちら

まとめ!トマトの6大効果

  1. 脂肪燃焼効果
  2. 悪酔い防止
  3. シワ予防
  4. 日焼け防止
  5. 疲労軽減
  6. 脳卒中のリスク軽減
Return Top