ダイエットティー

トマトジュースレシピ

トマトジュースは体に良いのはもちろんダイエットにも効果的な飲み物です。
ここではトマトジュースをよりマイルドにおいしく飲むためのカクテルレシピを紹介します。
このようにアレンジしながら飲むと、飽きることなく、楽しく健康的にダイエットを続けられるでしょう。
意外に思われる組み合わせもあるかもしれませんがどれもたいへんおいしいので、皆さんもぜひお試しください。

トマト&リンゴ

リンゴには、ペクチンという食物繊維が豊富で、便秘改善、腸内環境の改善など、胃腸の調子を整える作用があります。
リンゴジュースは、トマトジュースと味の相性もぴったりで、エキソチックなベリーのような味わいになります。

●材料
トマトジュース(約100ml)
リンゴジュース(約70ml)

●作り方
トマトジュースとリンゴジュースをグラスに注ぎ、よくかき混ぜれば出来上がり

トマト&ニンジン

ニンジンは、トマトと並ぶ緑黄色野菜の王様。
老化の元凶である活性酸素を消去するβカロテンが豊富で、ビタミンBI、B2に加え、カリウムなどのミネラルも含まれています。
さらりとしたマイルドな味わいになるのも魅力です。

●材料
トマトジュース(約100ml)
ニンジンジュース(約100ml)

●作り方
トマトジュースとニンジンジュースをグラスに注ぎ、よくかき混ぜれば出来上がり

トマト&豆乳・オリゴ糖

豆乳には、エネルギー代謝(代謝とは利用と排せつ)を高める大豆ペプチド、腸内での脂肪吸収を減らす大豆サポニンなどダイエットに役立つ成分が豊富です。
オリゴ糖は、腸内で善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えます。

●材料
トマトジュース(約100ml)
豆乳(約50ml)
オリゴ糖(小さじ1)
ブランデー(数滴好みで)

●作り方
トマトジュースと豆乳・オリゴ糖をグラスに注いでよくかき混ぜ、好みでブランデー数滴を垂らす

トマト&ヨーグルト

ヨーグルトには、乳酸菌や良質のたんぱく質、カルシウムなどが豊富に含まれています。
腸内環境を整え、便秘の改善に役立つ、とてもヘルシーな食材です。
トマトジュースとも意外と好相性で、まろやかな味わいになります。

●材料
トマトジュース(約100ml)
ヨーグルト(加糖)(約30ml)

●作り方
最初にヨーグルトをグラスに取って、滑らかになるまでかくはんし、トマトジュースを注いでよくかき混ぜれば出来上がり

トマト&ビール

このレシピのベースは「レッド・アイ」という名のカクテルで、ビールの苦みとトマトジュースのクセが、いずれも和らぎます。
ビールには、脂肪の燃焼に必要なビタミンB群のほか、カリウム、マグネシウムなどのミネラルも含まれています。

●材料
トマトジュース(約100ml)
ビール(約100ml)

●作り方
トマトジュースとビールをグラスに注ぎ、炭酸が飛ばない程度に混ぜれば出来上がり

トマト&梅酒

梅の酸味の主成分であるクエン酸には、疲労回復作用、余分な脂肪を燃焼させる作用、血液サラサラ作用などがあります。
梅酒にも、クエン酸をはじめとする梅の成成分が豊富に溶け込んでいるので、梅干しの苦手な人には、梅酒を使ったカクテルをぜひ活用してほしいと思います。

●材料
トマトジュース(約100ml)
梅酒(約50ml)

●作り方
トマトジュースと梅酒をグラスに注ぎ、よくかき混ぜれば出来上がり

Return Top