健康補助食品

やわたのにんにく卵黄で自律神経失調症が改善した話

g-r

八幡(やわた)から販売されている【熟成にんにく卵黄 黒の力】で自律神経失調症の症状が改善したのでその効果をレビューします。

私の冷え症は尋常ではありませんでした。
たとえ真夏でも、エアコンの効いた部屋に入って数分もすれば、手足や腰はどんどん冷たくなっていきます。
当然、半袖やスカートではいられなくなり、長袖シャツをはおったり、ひざ掛けを使ったりしなければなりませんでした。

秋から冬ともなると、状況はより深刻になります。
入浴などでどんなに体を温めようが、布団に入ると、あっという間に手足は冷え切ってしまうのです。
ですから、手袋を必ず着け、数枚の靴下を重ねばきし、ときにはさらにタイツまではいて床に就いていました。

自律神経失調症による重度の冷え症を何十年も抱えていると、体調は当然悪化していきます。

まず、夜眠りについても、体が冷えてトイレに行きたくなり、夜中の3時ごろに月が覚めてしまいます。
トイレから戻って再び布団に入っても、しばらくは眠ることができません。
慢性的な寝不足状態でした。
一方、昼間でも、冷たくなった手先・足先には神経痛のしびれが出始め、気分が悪くなるほどに肩がコチコチにこるようになりました。
自動車部品工場での立ち仕事を続けていることもあり、30代からの持病である腰痛も、改善の兆しはまったく見られませんでした。
また、同居する娘夫婦や孫が風邪をひけば、必ずうつってしまうありさまでした。

今年10月、そんな私を見た娘が、八幡(やわた)の【熟成にんにく卵黄 黒の力】を勧めてくれました。

やわた熟成にんにく卵黄の驚きの効果とは?

こうして私は、にんにく卵黄を飲み始めたのです。

やわた熟成にんにく卵黄 黒の力の効果

私は、毎日の夕食後にやわたのにんにく卵黄(黒の力)を取りました。
そして2週間ほどすると、指先や足先の冷たさが徐々に消えていくように感じられました。
季節は秋から冬に移り変わるときですから、例年とは正反対の現象です。
「あれ?ポントに?」と思いましたが、手や足には確かに温かさが感じられます。
「これはにんにく卵黄を続けなくちゃ」と、思いを新たにした出来事でした。

その後は、自律神経のバランスも整ったのか、とても順調に体調が改善していきました。
1~2ヵ月もすると、いつも全身がほどよく温かい状態になり、ひどい肩こりゃ腰痛はいつの間にか出なくなったのです。
また、夜中にトイレに立つこともなくなり、朝までぐっすりと眠れるうえ、毎朝6時にはぱっちりと目が覚める生活になりました。

そして気づけば、ここ数年では久しぶりに、誰からも風邪をもらうことなく春を迎えていたのです。
今では、手や足の神経痛も完全に消えています。

血流がよくなって、冷えから始まる自律神経の悪循環を断ち切れたうえ、今後は脳梗塞や動脈硬化などの防止にも役立つ可能性があるのではないか、と期待もしています。

やわた熟成にんにく卵黄の詳細はこちら

Return Top