健康飲料

テレビや口コミで話題のやずや豆乳青汁の効果は?体験レポ

g-r

やずやの豆乳青汁は体にどのような効果があるのでしょうか?

健康維持のために豆乳青汁を毎日飲む習慣にしているY.Mさん。
実際に飲み続けることによって、どのような変化があったのか感想を聞いてみました。

やずやの豆乳青汁・体験レポ(Y.Mさんの口コミ)

私は48歳のころから、最大血圧が180mmHg近くになり、高血圧と診断されました(正常血圧は、最大血圧130mmHg未満で最小血圧85mmHg未満)。

そして、49歳のときの健康診断で総コレステロール値が266mg/dlもあり、高脂血症とわかりました(高脂血症とは、血液中で脂肪が異常にふえてしまった状態。
総コレステロール値の正常値は、130~220mg/dl)。

ときどき頭痛はありましたが、それ以外は自覚症状がなく、知らないうちに血圧もコレステロール値も高くなっていたのです。

自覚症状がない病気ほど、怖いものはありません。
ある日突然、脳卒中や心筋梗塞(心臓の血管が詰まる病気)などで倒れる可能性が高いからです。

私の父は、50歳になる前に脳梗塞(脳の血管が詰まる病気)を起こしました。
ですから、突然倒れる怖さをじゅうぶん知っています。
そんな私にとって、血液をサラサラにすることは非常に大きな課題でした。

1年くらい前に、ちょっと気になる豆乳をテレビCMで見かけました。
それは向井亜紀さんが出演しているCMで「やずやの青汁」に豆乳がプラスされたものらしく「これは効くかもしれない」と思い、試しに買ってみたのです。

yazuyasoymilk

やずやの豆乳青汁」を飲んでみると、まず、意外に飲みやすいことに驚きました。

それ以前にも、豆乳を飲んだことはあります。
そのときは、豆乳がなんとなく豆臭くて、おいしくなかったのです。

しかし、やずやの豆乳青汁は、ほんのり甘くて癖もなく、ほんとうに「おいしい」と思いました。
それで、しばらく飲み続けることにしたのです。

私は朝食に食パンを3分の1枚とサラダ、果物を食べ、豆乳青汁を200ml飲んでいます。
太りすぎは高脂血症や高血圧によくないので、ふだんから炭水化物を控えめにしているのです。

少量の食事でも、豆乳青汁を飲むと満足感が得られます。
忙しい朝は豆乳青汁だけということもあるのですが、それでも昼までけっこう我慢できます。
豆乳は牛乳よりも腹持ちがいいようです。

やずやの豆乳青汁の効果

やずやの豆乳青汁を飲み続けて半年ほどたったころの健康診断で、コレステロール値が245mg/dlに、血圧が140mmHgにまで下がっていました。

降圧剤は以前から飲んでいましたが、血圧がひどく上がることもないかわりに、それほど下がりませんでした。
食事にも少しは気をつけているので、その効果もあるのでしょうが、これだけ数値が下がったのは豆乳の効果が大きいと思います。
しかも、体が軽くなって、調子もよくなりました。

幸いにも、今のところ元気に生活していますが、先のことはわかりません。
突然倒れるなどして、自分も家族も悲しい思いをしないように、ふだんから気をつけなければと思います。
豆乳青汁を飲むことは、私にとって健康維持のために頼りになる習慣です。

豆乳の中の大豆イソフラボンという成分が、女性ホルモンのバランスを整えるためにいいと聞きました。
更年期を乗り切るためにも、豆乳は欠かせない食品だと思います。

きっちりとした健康法は続けるのがたいへんで、途中でやめてしまって、けっきょく効果が得られなかったりするものです。

それに比べて、豆乳や青汁は食事にとり入れやすいので、続けるのがとても簡単です。
やずやの豆乳青汁は私にピッタリの健康法のようです。

Return Top